前へ
次へ

医療保険に加入する必要性はあるのか

医療保険への加入は果たして必要なのかという声は多くあります。
そもそも医療保険は、治療や入院により高額な費用がかかってしまった場合にその一部を補てんするための保険です。
そのため主軸は入院1日につき◯◯円、手術1回につき◯◯円と言った内容になっています。
ただ、日本には健康保険制度があります。
国民の誰もが加入する義務がある制度ですが、被保険者は実際の費用の1割~3割負担で済むというのが特徴です。
また、高額医療制度もあり、どんなに費用がかさんでも月の自己負担額は10万円未満に抑えることができます。
ただ問題なのは逸失収入、身の回り品の購入費、交通費など実際の治療以外の費用です。
いくら治療費が抑えられても治療が長引けば負担も大きくなります。
そこで医療保険です。
仕事ができなくなっても十分な貯蓄があるので生活に困らない、勤務先の福利厚生が充実しているので安心、支援してもらえる相手がいる等でない限りはいざという時のために加入が勧められています。

Page Top