前へ
次へ

スマホアプリで医療機関の手間を省く

スマホアプリの発達によって、医療機関での人手不足を多少軽減する期待が寄せられています。
医療機関によって異なりますが、スマホアプリによって医療機関への予約から問診、受付、そして決済まで一度に済ませられるようになってきたからです。
診察券の代わりにスマホアプリをダウンロードしてもらい、アプリで個人情報を入力し、予約や問診表記入、更に来院受付、診察終了後の支払いに至るまでを済ませることができるため、アプリの導入を検討している病院は少なくありません。
特に大きなポイントとしては、医療機関でのデータをまとめられることだけではなく、診察券を発酵するための事務手続きにかかる時間を削減できることです。
病院での待合時間の長さは昔から問題視されてきましたが、待合時間が長くなるポイントとして、事務手続きの煩雑化やカルテなどのデータの整理など、多数の問題があったからといいます。
病院の規模によっても大きく異なりますが、スマホアプリを導入することによって、手続きが少なくなり、結果として患者が待つストレスを緩和できるでしょう。
また、事務手続きが簡便化することにより、人手不足の解消にもつながります。

Page Top