前へ
次へ

メガネを作る時は医療機関で処方せんをもらおう

視力が低下した時はメガネが重宝しますが、初めてメガネを作る時は眼科で処方せんをもらった方が安心です。
とくに目が急激に悪くなった場合、眼病が原因ということも考えられます。
メガネショップへ行ったのでは、病気の発見が遅れますから、その間に症状が進行する恐れがあるのです。
その点、医療機関である眼科なら的確に病気を見つけてくれるため、早期治療に取り組めます。
視力低下を伴う眼病には糖尿病からくる網膜症などもあり、重篤な症状へ発展する反面、メガネをかければ日常生活で不便を感じないことから見逃しやすいのです。
早く治療していれば視力を失わずに済むなど、早期発見が非常に重要となっています。
そのほか、緑内障患者も2割程度しか医療機関を受診していないとされていますから、万が一に備え、メガネを作る時は眼科へ行くよう心掛けましょう。
また、処方せんには有効期限が明記されていることも多いので、受け取った後は期日を確かめ、それまでにメガネ店へ持参してください。

Page Top