前へ
次へ

子どものスマホ老眼は医療機関へ

年齢が40歳を超えてくるとどうしても目の見え方が変わってきます。
近くが見えにくい、ピントが合いにくいといった症状は老眼でしょう。
目は、遠くを見るときには毛様体という筋肉が緩むためリラックス状態になります。
近くを見るときにはこれが収縮するので筋肉に負担がかかり、ピントが合いづらくなります。
ただ、最近では老化による老眼の他に、スマホを見すぎるのが原因で起こるスマホ老眼が問題になっています。
これは子どもたちにも広がっていて、視力に異常のある子どもも増えているそうです。
さらに子どもの場合、近視なのかスマホ老眼なのか判別が難しいのも問題です。
子どもが見えにくそうにしていて、スマホの見過ぎかと思ったら近視が進行していた、ということもあり得ます。
まずは医療機関で検査を受け、スマホの見過ぎだったら時間を決めさせるなど対策しましょう。
どうしても使う必要があるのであれば、スマホではなくタブレット型端末の方が目に負担が少ないそうです。
子どもの目を守るため、気軽に相談できる医療機関を探しておきましょう。

Page Top