前へ
次へ

医療機関で受ける健康診断前に一時的に禁酒する

会社等では毎年健康診断や人間ドックがあり、1年のスケジュールの中に組み込まれていることが多いでしょう。
新入社員が4月に入ってくるのでそれに合わせて4月から5月などに実施するところも多いかもしれません。
若い頃は特に何もしなくても異常なしが並ぶでしょうが、年齢が高くなると徐々にちょっとした異常が出てくるようになります。
医療機関で健康診断を受けるとき、その直前に一時的に禁酒をしたらどんな結果が得られるのか知っておきましょう。
血液検査などではいろいろなことがわかりますが、2週間ほど禁酒をすると主要な検査結果が良い方向に進むようです。
前回の検査で異常値が出た人は、検査で引っかかりたくないなら2週間前ぐらいから禁酒して挑むと良いでしょう。
しかし既に肝炎など肝臓に病変が起きているときは簡単に数値は良くなりません。
数か月は禁酒する必要がありお酒好きの人には酷と言えるでしょう。
ただ医療的観点からすると直前のみ禁酒をして数値をよくする意味はなく、自分の体の実態を知る方がいいでしょう。

Page Top